どのように区切るのか

パーテーション

目的を考えて選ぼう

オフィスにパーテーションを導入しようと予定しているのなら、『簡単に設置できるもの』と『本格的に施工してもらうもの』のどちらがよいか考えましょう。それぞれ、費用も効果も異なるので、ベストなものを選び快適なオフィス環境を築き上げましょう。まず、『簡単に設置できるもの』は、インテリアショップで売られているものを購入して、区切りたいところに設置をするだけのアイテムです。板状のものを机と机などの間に置くだけなので、こちらのパーテーションを使う場合は特別な施工は一切必要ありません。値段も安価で、大量購入すると割引してくれる場合もあるので、オフィスに導入しやすいアイテムだといえるでしょう。『本格的に施工してもらうもの』は床から天井まで完璧に壁を作ってもらうことになるので、個人のスペースを区切るというよりも、部屋自体を区切ることになります。費用はそれなりにかかりますが、完璧な個室を用意したい場合には活躍してくれるでしょう。業者に頼めばいろいろなところにパーテーションを施工してくれるので、望み通りのオフィス環境を作り上げられます。これら二つのパーテーションは、オフィスをどうしたいのかによって決めなければいけません。オフィスによってパーテーションというアイテムに望む条件は異なるでしょうから、しっかりと決めて導入しましょう。まったく異なったものなので、それぞれの特徴を知れば、あまり悩まずに決められるはずです。